学校の概要

教育方針

10年、20年先に役立つ人材の育成

 愛知淑徳学園は1905年(明治38年)小林清作先生によって創立され、翌年、私学としては県下最初の高等女学校として認可されました。
  「女子は家事ができれば良い」とする明治の時代にあって、英語や理科を必修としました。「これからの女性は体育で鍛えたはつらつとした元気な動的な美人でなければならない」として体育を奨励しました。愛知県下で始めて制服に洋服を採用したのも愛知淑徳でした。創立以来「10年、20年先に役立つ人材の育成」を掲げ、次の時代を目指す新しい教育を進めてきました。
  この伝統は今に受け継がれ、愛知淑徳中学・高校は21世紀にさまざまな分野で活躍する女性を育てることを目指し、国際化・情報化に対応した教育を進めています。


「強さとやさしさ」を育てる「淑徳魂」

 愛知淑徳には「淑徳魂」という伝統精神があります。「淑徳魂」には二つの内容があり、一つは困難にくじけず何事によらず頑張る心です。もう一つは陰徳、人のために役立つ奉仕の心です。魂というと何か古めかしい感じがしますが、言い換えればそれは「強さ」と「やさしさ」の二つを兼ね備えた豊かな心を作ることです。
  6年間の愛知淑徳での生活の中で、生徒たちはこの「淑徳魂」を身につけます。古くて新しい「淑徳魂」、これが愛知淑徳の心の教育の柱です。

未来に向けて開かれた女子校

 愛知淑徳学園は女子の総合学園として発展してきましたが、大学は1995年(平成7年)から男女共学に踏みきりました。国際化や生涯教育を進めるために大学は男女共学がふさわしいと考えたからです。しかし、中学・高校は女子のみの学校です。小学校や大学と異なり、中学・高校では別学のメリットの方が大きいと考えるからです。青春期といわれる中学・高校生の時期は異性を日常的に意識しない別学の環境の方が能力の開発にふさわしいとされ、事実、アメリカやヨ-ロッパでは一部の女子校が高い評価をうけ、優れた女性のリ-ダ-を輩出しています。愛知淑徳は女子校としての100年余の伝統と環境を大切にしながら、一方では生徒会やクラブ活動を通して男子生徒との交流も積極的に行っています。愛知淑徳の生徒の進路は本当に多様になっています。愛知淑徳は21世紀に様々な分野で活躍する女性が育つことを何よりも期待しており、「未来に向けて開かれた女子校」です。

愛知淑徳が目指す人物像と7つの力

・広く深い視野を持ち、社会のさまざまな分野で活躍する女性
・淑徳魂の「強さ」と「やさしさ」を持つ自立した女性
・豊かな情操と教養を持ち、健康で明るく、主体的に行動できる女性

  1. 目標や夢に向かって行動できる自己表現力
  2. 国際化に対応する英語力
  3. 自分の考えを自分のことばで表現できる力
  4. 科学的な視野と論理的な思考力
  5. さまざまな分野で活躍できる自立した判断力
  6. 規律を重んじ、他を大切にする協調性
  7. 視線は世界へ。それぞれの希望の進路へ

完全な中高一貫教育体制に移行

 愛知淑徳は平成18年度中学入学生から中高完全一貫教育体制に移行しています。平成21年度以降、高校からの入学はありません。
  12歳から18歳までの6年間をひとつの区切りとしてとらえる中高一貫教育は、知徳体のいずれの面からも子供の成長に対応した優れた教育システムと言われます。そのため、文部科学省も部分的・実験的にその導入を図っていますが、現在の日本の教育制度では公立校での全面的な導入は困難です。しかし、私学では以前から中高一貫教育体制をとる学校が多く、愛知淑徳も従来から中高一貫教育を進めてきましたが、高校からの入学者もあり、不十分なところがありました。そこで、今回、高校入試を止め、完全な中高一貫教育体制に移行することにしました。


完全中高一貫教育体制で進める教育

 中高一貫教育の良さはどこにあるのでしょうか。
  まず、高校入試に煩わされることなく、6年間のゆとりのある充実した学校生活を送ることができます。愛知淑徳には多彩なクラブ・同好会があり、私学ならではのスキー学校・夏山登山などのさまざまな学校行事があり、ゆとりの中で有意義な6年間を過すことができます。また、それらの活動の中で深い友情が生まれ、生涯を通しての親友ができるのも中高一貫教育の一つのメリットです。
  今ひとつは、学習面で中学と高校の教科内容の不必要な重複をなくし、6年間を見通した体系立った教育ができることです。愛知淑徳では6年間を3期に分け、中学1年と2年を「1期」として基礎学力の育成をすすめ、中学3年・高校1年の「2期」は英語・数学での習熟度別学習等も行い、ひとりひとりの学力をより充実・発展させます。さらに「3期」の高校2年・3年では理系・文系の類型編成とし、将来の夢の実現にむけてきめの細かい指導を行います。各教科の指導では現行の「学習指導要領」の安易な削減をせず、独自なシラバス(3年間、6年間の具体的な教育内容を示したもの)を作成し、中高一貫の特色ある教育を実施しています。また、中学・高校ともに学校5日制としていますが、月・火・水曜日は45分7時限とする時間割を組み、学習に必要な時間数を確保しています。

国際理解教育の推進

 愛知淑徳では、海外帰国子女の受入れや外国姉妹校との提携・交流、そして交換留学など積極的に国際理解教育を推進しています。
姉妹校であるオーストラリアのセントキャサリンズ高校とは、20数年前から毎年の短期交換留学や相互の研修団の受入れを行い、また中国南京第一中学校とも姉妹校提携をし、相互の訪問などさまざまな交流を行い、多彩な異文化理解や国際親善に努めています。

いじめ防止基本方針

 本校でのいじめ防止の基本方針およびソーシャルメディアポリシーを制定いたしました。
クリックしてください。
  いじめ防止基本方針
  ソーシャルメディアポリシー


ページトップへ